うつ病のセルフチェックをしよう【精神疾患を未然に防ぐ】

  1. ホーム
  2. もし身近な人が発症したら

もし身近な人が発症したら

女性

正しい対応をする事が大切

もし家族や身近な人がうつ病を発症してしまったら、その家族は戸惑ってしまうのではないでしょうか。実は近年発症する人が増えており、従来のうつ病に加え若者世代に多い新型うつ病など、多くの人が発症しています。今や国内だけでも100万人の患者がいると言われており、今後ますます増える傾向にあるでしょう。そんなうつ病ですが、これ程発症する人が多いのに関わらず、未だ原因が分かっていません。しかし原因が分かっていないからと言って対策が出来ない訳ではありません。何らかの理由で脳の機能障害が起こっていると言う事は分かっているので、それに対してきちんと病院で治療を行う事で症状の改善を図る事が出来ます。また、うつ病を簡単にチェックする事が出来るチェックシートなどもあるので、気になる症状がある人はチェックしてみる事をおすすめします。うつ病は原因が分かっていないからこそ、今多くの研究が行われ原因解明を急いでいる病気です。その為、病院を受診する事で様々な治療を行う事が出来るでしょう。うつ病の主な治療は抗うつ剤など使用した薬物療法や心にアプローチを掛ける精神療法です。心と体に直接アプローチをする事で、徐々に症状を改善させ、日常生活に支障が出ない様に改善しています。うつ病は意欲が低下してしまったり常に抑うつ状態になってしまったり、様々な症状が出る病気です。その為、仕事を休みがちになってしまったり、家に引きこもりがちになってしまったり、これまでの生活ががらりと変わってしまう場合もあります。その為、家族や周りの人も戸惑ってしまいどの様に接すれば良いのか悩んでしまう人も中にはいるのではないでしょうか。身近な人がその様な状態になってしまうとやはり周りの人は心配になってしまい、頑張れ頑張れと応援したり、やる気を出しなよとアドバイスをしてしまいがちです。しかし、この様な状態になっている人に過度の応援したり、アドバイスをするのはあまり良くありません。まずは相手の症状を理解し、見守る姿勢が大切になります。周りの人は共感する事が大切であり、無理に何かを勧めたり応援をしすぎるのは止めましょう。うつ病を発症しやすり人の傾向に真面目な人や几帳面な人がいます。また、責任感の強い人がいる為、これまで一生懸命何事にも真面目に取り組んできたからこそそれがストレスになり心に負担が掛っている場合もあります。その為、これまで一生懸命頑張ってきたのに、さらに頑張れ頑張れと応援してしまうと、さらに頑張ればいけないのかと大きな負担になってしまうでしょう。ついもっとやる気を出した方が良いよなどアドバイスをしたくなってしまいますが、うつ病を発症している場合ちょっとしたアドバイスでさえも、自分を否定していると取られてしまう場合もあります。ネガティブな思考になりがちなので優しく見守る事が一番大切です。また、症状を改善する為には精神科や心療内科での治療を行う事が大切です。病院ではそれぞれの発症の度合いなどをチェックし、それに合わせて最善の治療を行ってくれるでしょう。また抗うつ剤では副作用の出方などチェックしながら処方してくれる為、最初はあまり効果を感じないかもしれませんが、きちんと飲む事で徐々に効果を得る事が出来るので、きちんと摂取しましょう。