うつ病のセルフチェックをしよう【精神疾患を未然に防ぐ】

大きくは2種類に

ナース

うつ病の症状は精神的なものと肉体的なものの2種類に分かれており、その症状が複合的に出てくる人も居ます。異変を感じた場合はチェックシートを利用したり病院で診断を受けて、適切な処置を受ける事がポイントです。

信頼出来るドクター選び

医者

元気の無い状態が続いているなど気になる症状がある場合は、簡易的なチェックシートなど利用してうつ病のチェックをしてみましょう。その結果うつ病と出た場合は相性の良いドクターを見つけ、治療する事が症状回復の近道になるのでおすすめです。

もし身近な人が発症したら

女性

心と体の病気であるうつ病は多くの人が発症しており注意が必要な病気です。周りの人も正しい知識を持ち、見守る事が大切です。気になる症状がある場合は精神科などに行きチェックしてもらう事で適切な治療を受ける事が出来るので、是非行ってみましょう。

まずは疑ってみる

男の人

予防になります

身体的に眠れなくなったり食欲が急激に減退しているときには、うつ病を疑ってみることです。専門のクリニックで診てもらうことになりますので、自己判断で大丈夫という気持ちにならないことも大切になります。まずうつ病を知り基礎知識を持っていることによって、予防になりますしチェックをすることで今の現状がわかってきます。精神的な疾患になりますが、治らない病気ではなく完治ができる病気だということを理解することです。今ではカウンセリングをして進行度合いによって投薬治療をしますので、通院をしながら長期的な計画で治していきます。まずうつ病の疑いがある場合に最初にやっておくのは、診断チェックになります。病院で医師にチェックを受けるときには、まず普段のライフスタイルや仕事上の人間関係を中心に聞かれることもあります。その中に問題となるポイントがあることも多く、軽症のときや重症のときもあります。病歴なども大事になりますので、過去に病気にかかったことがあるかどうかを聞かれます。病気の薬を処方していることもあるために、どのような薬を飲んでいるのかを調べます。病院やクリニックで調べる場合には、尿検査うあ血液検査などもする必要があります。血糖値を調べたり肝臓機能や腎臓機能を調べることによって、病気の可能性を示すことがあります。また基本的な体温や血圧なども測定をしますので、体重では申告しているよりも軽くなっている場合には、食事が足りないと判断されます。自分の悩みなども話すことになるので、ある程度はどのようなことを聞かれるのか準備をしておくと、とてもスムーズに進めることができます。うつ病を問診でチェックすることは、インターナットなどのウェブサイトでも確認ができますので、それをやってから病院へ来る人もいます。また治療をする本人だけではなく家族からの話も重要となることもあるために、病気についての話ができる人は協力者をお願いしておくことです。これらの多くの情報を元にして客観的な視点をもってうつ病の判断をすることになります。またうつ病は痛みが出ないと考えている人もいますが、実際には頭痛があったり腹痛が酷かったりすることもあります。血圧が高くなっていることによって疲れが取れなくなっていますので、寝ては不眠でおきても疲れが溜まるだけというのも、すぐに治療をすることです。治らない病気ではないということや、しっかりと薬を取ることによって完治しますので安心して治療をすることができます。いつでも誰でもかかる可能性がある病気でもあるために、いつの間にか仕事ができなくなったり元気が出ないときには、チェックをしてみることです。そして、うつ病の疑いがあるときには、迷わず専門のクリニックへ行って医師に相談をすることです。イライラしていた人は治療によって穏やかになってきますし、やる気が出なかった人も仕事ができるようになっていきます。最初は家族に連れられてきていた人も、改善するための必要性を感じて自分から通院するようになっていきます。また高齢者でもかかることがあるので80歳だからといって、放っておかないようにすることです。